JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 繁忙期を前に、農機出張整備

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

繁忙期を前に、農機出張整備

JA信州うえだの話題 2018.04.28

JA信州うえだ上田東農機センターは、春の農繁期を前に管内4カ所で農機具出張整備会を開いた。同センターの職員2、3人が地区の公民館などに出向き、農家が持ち込んだ農機具を点検。タイヤの空気圧調整、オイルやパッキンの交換などをした。 同センター管内は、リンゴやブドウなどの果樹生産者が多い。スピードスプレヤーを中心に、高所作業台車、乗用草刈り機、トラクター、管理機など、4カ所で約50台の農機を整備・点検した。利用者からは「農機センターまで運ばなくてもよく、助かっている」と好評だ。 昨年、管内は降ひょうに見舞われ、農作物が大きな被害を受けた。清水好幸センター長代理は「今年、農家の皆さんは挽回しようと張り切っている。農機は事前に点検し、事故がないよう気を付けてほしい」と話した。