JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 中央店カレッジ、果樹選定を学ぶ

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

中央店カレッジ、果樹選定を学ぶ

JA信州うえだの話題 2016.12.21

JA信州うえだの農業用資材店「グリーンファーム中央店」(上田市)は、家庭菜園のポイントや園芸の楽しみ方を伝える「グリーンファームカレッジ」の今年度最終回で、11回目の講座を開いた。テーマは、参加者の要望に応えて「果樹の剪定(せんてい)」。地域住民30人が参加した。 同JAの営農技術員が講師を担当。参加者は、剪定用のはさみ、のこぎりの選び方や使い方、梅や柿など家庭に多い果樹の剪定方法を学んだ。園地では、講師によるリンゴの剪定を見学した。 参加者は「座学で分かった気になっていたが、実際は、きちんと理解していなかった」と、講師の実演で納得した様子。「今後も続けてほしい」と話す参加者が多く、好評だった。 果樹は難易度が高いことから、次年度の開催も計画中。今年度の講座には延べ173人が参加し、昨年度より47人多かった。