JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 地域活性化へ、感謝祭でPR

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

地域活性化へ、感謝祭でPR

JA信州うえだの話題 2018.12.05

JA信州うえだ丸子地区事業部は、上田市丸子農産物直売加工センターあさつゆが開いた収穫感謝祭に参加し、来場者にJA商品や事業をPRした。JA自己改革の「地域の活性化」の一環で、各部門から職員14人が参加し、来場者と対話しながらJA活動をアピールした。 JAの坂下隆行組合長は「地産地消、直売所の魅力を語る」と題したトークイベントで、あさつゆ運営組合の伊藤良夫組合長や地元市会議員らと意見を交わした。 駐車場に設けたJAコーナーでは、農機や生産資材の展示販売、農協牛乳の試飲などを行った。職員がJA貯金や年金受け取りのちらしを配って利用を呼び掛けた。また、生産者やJAでつくる「西洋梨6次産業化プロジェクト」の洋梨ジャムも販売。 あさつゆの隣に昨年移転したオートパル丸子出張所も参加し、買い物をした来場者に「タイヤ交換割引券」を配って祭りを盛り上げた。