JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 1年の成果展示、体験発表で交流

JA信州うえだの話題

1年の成果展示、体験発表で交流

JA信州うえだの話題 2017.12.21

上田市の家庭菜園愛好家グループ「上田菜園クラブ」は12月上旬、JA信州うえだが運営する同市の農業用資材店「グリーンファーム中央店」で生産物展示・体験発表会を開いた。会員が今年自ら育てたハクサイやダイコン、ネギなどの野菜を並べ、育て方、難しかった点などを発表。互いに質問やアドバイスなどもした。 同クラブは発足11年目。月に1回の講習会と年に1回の展示発表会を開き、講師陣にはJA営農振興部生産資材課の山口まゆみ主任も加わっている。会員数は47人で、発表会には約30人が参加した。会員は「講習会で学んだことを生かして家庭菜園をして、こうして発表するのは楽しい」と話した。 講師で家庭菜園アドバイザーの山宮君夫さんは「家庭菜園は毎年勉強。会員同士で意見交換する場は、良い作物を作るのにとても大切だ」と話した。