JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 職員自ら手打ち、地元産麺を提供

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

職員自ら手打ち、地元産麺を提供

JA信州うえだの話題 2016.12.15

JA信州うえだよだくぼ南部地区事業部は、上田市下武石の武石公民館で「第7回よだくぼ南部地区麺大会」を開いた。地粉を使ったそば、ラーメンなどの販売をはじめ、ジビエ料理の試食提供などを行った。 同イベントの目的は、地元で収穫されたソバや麦を使った手打ち麺を、地域住民に味わってもらうことで、そのおいしさを感じてもらい、地産地消をさらに進めること。同事業部の職員らが、自ら麺を手打ちすることが大きな特徴で、具材やつゆも独自に調味して仕込んでいる。 当日は、手打ち盛りそば、しょうゆラーメン、馬肉うどん、焼きそばなどの麺類を提供。同事業部が開くそば教室に所属する有段者による、そば打ちの実演も行った。家族連れの来場者は「地元産の粉で、こんなにおいしいそばが食べられると思わなかった」「ラーメンの麺が、職員らの手作りとは驚き」と話し、笑顔で麺を頬張っていた。