JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 当たりくじで、イチゴを贈呈

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

当たりくじで、イチゴを贈呈

JA信州うえだの話題 2019.02.08

上田市の上田城跡公園内にある眞田神社は3日、「節分追儺(ついな)祭豆まき」を行った。JA信州うえだが、当たりくじの景品にJA子会社の信州うえだファーム産イチゴ「紅ほっぺ」50パックを提供した。 この豆まきは昨年から実施している。当日は、信州上田観光大使で女優の土屋貴子さんや信州上田おもてなし武将隊、六文戦士ウエイダーなど合わせて15人がゲストとして参加。年男や年女の希望者ら合わせて53人と一緒に豆まきを行った。「鬼は外、福は内」の掛け声とともに福豆が入った袋をまいた。会場には多くの地域住民が集まり、福を受け取ろうと手を伸ばしていた。 当たりくじが入った袋を受け取った人に、同ファーム産のイチゴを贈呈。イチゴを受け取った、同市軟式野球スポーツ少年団の子どもは「真っ赤なイチゴがおいしそう。早く食べたい」と笑顔で話した。