JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 スキー客に温かエノキ汁

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

スキー客に温かエノキ汁

JA信州うえだの話題 2019.03.09

JA信州うえだよだくぼ南部地区事業部は、長和町のブランシュたかやまスキーリゾートで「地元えのき消費拡大キャンペーン」として、リフト乗り場横に特設ブースを設け、地元産エノキタケをたっぷり使ったきのこ汁を無料で配り、大門の霧下そば粉を使った「そばワッフル」の試食を勧めた。 地元産エノキタケのおいしさを広く伝えて消費拡大につなげ地元農家を支援するとともに、レタスやハクサイなどの高原野菜の産地である大門鷹山をPRし、農業振興につなげることが目的。 同事業部職員がきのこ汁500食とワッフル200食を調理。ブースには長い行列ができ、開始1時間ほどで配布を終えた。大じゃんけん大会を開き、景品に地元産きのこの詰め合わせセットなどを進呈。イベントを盛り上げた。 静岡県から訪れた家族連れのスキー客は「スキー場で食べるきのこ汁は体が温まって最高。エノキタケたっぷりでとてもおいしかった。そばワッフルも初めて食べたが、程よい甘味の中にソバの香りがしておいしかった」と笑顔で話した。 同事業部の伊藤浩一部長は「『おいしい』と笑顔できのこ汁を食べてくれてとてもうれしい。『そばワッフル』も好評だった。これからも消費拡大につなげられるような企画を考えたい」と話した。