JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 住民に園芸講座、品種特性を説明

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

住民に園芸講座、品種特性を説明

JA信州うえだの話題 2019.05.17

JA信州うえだが運営する上田市の農業資材店「グリーンファーム中央店」は5月上旬、園芸講座「グリーンファームカレッジ」の2019年度4回目の講座を開いた。 「果菜類を家庭菜園で作ろう」をテーマに、JA営農振興部生産資材課の山口まゆみ主任がトマトやナス、キュウリ、ピーマンの栽培方法を伝えた。 地域住民28人が参加。山口主任は、果菜類の苗を見せながら栽培のポイントや品種特性などを説明した。 資料には、野菜栽培のイラストなどが掲載されたJA組合員向け広報誌『JAN!JAN!』を活用した。 参加者は「とても分かりやすい説明だった。苗選びの参考になる」「ちょうど良い時期の講習会でためになった。今年は品種特性も考慮して苗を選びたい」などと話していた。