JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 児童が買い物体験、自分で野菜苗選ぶ

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

児童が買い物体験、自分で野菜苗選ぶ

JA信州うえだの話題 2019.05.29

上田市立丸子北小学校の2年生55人は5月中旬、JA信州うえだの農業資材店「グリーンファームまるこ店」で、野菜苗の買い物を体験した。 児童は、さまざまな種類の野菜苗が並ぶ売り場を見て回り、自分が育てたい野菜を1人1本ずつ選び、レジに並んで購入した。自分の欲しい苗の場所や、鉢でも育てられる野菜の種類をJA職員に聞く姿も見られた。ミニトマトやキュウリを選んだ児童が多かった。 この体験は、2年生の生活科授業の一環で、同店を利用するのは昨年に続いて2回目。同行した教諭は「自分で選ぶという体験が重要。開店前から対応してもらえてありがたい」と話した。 苗は学校で鉢に植え、児童が育てる。収穫した野菜はみんなで食べる予定だ。