JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 園芸講座が好評

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

園芸講座が好評

JA信州うえだの話題 2019.07.11

JA信州うえだの資材店「グリーンファームさなだ店」は6月中旬、上田市のJA真田営農センターで、園芸講座「グリーンファームカレッジ」を開いた。 家庭でできる生ごみ堆肥の作り方や秋野菜の育て方、秋野菜の冬場の貯蔵方法、石灰窒素の使い方について講習した。 この講座は、4年前から「グリーンファーム中央店」が先行して開いているもので、さなだ店でも、同市真田地区の住民を対象に独自に開く。年8回で、昨年12月から始まり、今回が最終回。 地元住民15人が参加した。生ごみ堆肥の作り方は、同市ごみ減量アドバイザーの関川久子さんが講師を担当。5種類の方法を説明した。 秋野菜の育て方、冬場の貯蔵方法、石灰窒素の使い方は、JA真田営農センターの小松俊明センター長が担当。JAの組合員向け広報誌「JAN!JAN!」を資料に講義した。 参加者は「知らないことを教えてもらえてよかった」「次は野菜作りの基本を教えてほしい」などと感想を話した。 同店は今後もこの講座を開く予定で、12月に初回講座を開く。