JA信州うえだ

ホーム いいJAん!信州の話題 ウォーキング楽しむ

JA信州うえだの話題(日本農業新聞より)

ウォーキング楽しむ

JA信州うえだの話題 2019.10.08

JA信州うえだ女性部よだくぼ南部支会は10月4日、健康教室を開き、北佐久郡立科町の標高約1500メートルの女神湖畔でノルディックウォーキングを行った。35人が参加し、同湖を1周する約1.8キロメートルのコースを1時間ほどかけて歩いた。参加者は、湖畔に咲く草花や紅葉で色づき始めた木々を眺めながら、ウォーキングを楽しんだ。 ウォーキングの後は、同湖を望む「ホテルアンビエント蓼科」で昼食と温泉を楽しんだ。初めて参加したという参加者は「いろいろな人と交流できて楽しかった。ちょっとした旅行のようでわくわくした」と話した。 2015年に発足した同支会は、趣味や目的に合わせた仲間づくりと、フレッシュミズ活動が功を奏し、年々部員数が増えている。発足時153人だった部員数は、19年2月末現在で218人となった。ノルディックウォーキングは人気が高く、毎年開いているイベントの一つ。今回もこの教室をきっかけに新たに4人が加入した。