JA信州うえだ

ホーム お知らせ ブロッコリー出荷最盛期到来!

JA信州うえだからのお知らせ

ブロッコリー出荷最盛期到来!

お知らせ 2018.06.27

JA信州うえだでは「高地から低地までブロッコリー」をスローガンに、標高差を活かした作付拡大に取り組んでおり、年間販売目標13万ケース(約260万個)を目指しています。
最盛期を迎えており、多い日で2,000ケース(約4万個)を超える量を東京や大阪の市場を中心に出荷しています。8tトラック満載で運んでいく市場も。
ブロッコリーは農家さんからコンテナに入れて出荷いただき、選果場で1個ずつ選別します。鮮度落ちが早い農産物ですので、出荷から店頭に並ぶまで鮮度を保つため、スチロール箱に氷詰めします。自慢のブロッコリーをベストな状態で皆様の元へお届けする工夫です。また、新採用職員など若手職員が選果場での業務に関わり、作業の効率化を図るとともに、地元の農畜産物の販売や流通を知る研修の場にもなっています。
JA信州うえだのブロッコリーは甘みがあり、野菜が苦手というお子様にも人気。茹でて、炒めて、揚げて、様々な料理に変身します。店頭でお見かけの際は是非お買い求めください!